スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ

【中学受験】効果的な過去問演習で合格をつかみ取る方法教えます!

【中学受験】効果的な過去問演習で合格をつかみ取る方法教えます!

中学受験に向けてラストスパートという段階で、多くの時間を費やすのが過去問演習です。せっかく過去問演習をするなら、最大限効果的に活用させたいと考えている保護者の方も多いでしょう。そこで、この記事では過去問演習の本当の目的について解説したあとで、実践するために保護者がやるべきことや効果的な使い方、過去問演習で1番大切なことについて紹介していきます。

1.過去問を解く前に見よう!過去問演習の3つの目的

過去問を解く前に見よう!過去問演習の3つの目的

過去問演習は受験勉強の総仕上げの段階で行います。受験までの時間があまりない状況だからこそ、効果的に取り組むことが重要です。過去問演習を行う目的を把握したうえで取り組めば、効果が上がります。ここでは、過去演習に取り組む前に知っておきたい3つの目的について紹介していきます。

1-1.①各中学校の入試問題傾向やメッセージを把握するため

各中学校の入試問題傾向やメッセージを把握するため

過去問を解く重要な目的としてまず挙げられるのは、「入試問題の傾向や学校ごとに異なるメッセージを把握するため」です。中学入試の問題は高校入試に比べても、学校ごとに傾向や形式のバラエティーが豊かなのが特徴です。出題される問題のなかには基礎学力が問われるものだけでなく、学校の教育方針や入学後の子どもの学生生活にまで踏み込んで考えられているケースも珍しくありません。なかには、正解が複数存在し、答えた結果よりもその答えに至った理由を重視する学校もあります。

そのような独自の試験問題を作成する学校の入試は、一般的な国語や算数の勉強だけをいくら積み重ねても苦戦するでしょう。過去問を解く際には受験する中学校の特徴を把握し、試験問題に込められているメッセージまで読み取ることが大切です。入試問題の傾向から、学校ごとのメッセージを読み解くポイントは3つあります。

1-1-1.どのような問題が出やすいのか傾向を把握する

どのような問題が出やすいのか傾向を把握する

過去問演習をする際には、過去数年にさかのぼって取り組む姿勢が重要です。出題されたばかりの問題だからといって、昨年の過去問ばかりやってはいけません。なぜなら、いくら過去問だからといって、まったく同じ内容で出題されるわけではないからです。そのため、昨年の過去問を暗記できるぐらい解いていくのは非効率だといえます。昨年の問題ばかりやるよりも、過去数年分の問題を解いてみて似た形式で毎年出題されている問題がないかなどの傾向を確認する作業が重要です。

年によってガラッと試験内容が変わるケースもないわけではありませんが、多くの学校では「選択問題と記述問題のバランス」を大きく崩すことは考えられません。数年分の過去問を解くことで出題される傾向が把握できます。

もしも、記述問題が多い学校の試験を受けるのであれば「自分の考えを書く力を身に付けなければいけない」でしょう。

反対に、選択問題が多ければ「より暗記に力を入れる学習方法」が効果的になる可能性もあります。

また、傾向を知る過程では「ほとんど出題されない単元」が見つかるケースも珍しくありません。過去の傾向から出題されない単元が見つかれば、その部分の学習をする予定だった時間を別の科目に回せるでしょう。

このように、過去数年分にさかのぼって問題の傾向を知れば、入試対策はもちろん、学習の進め方の方針を検討することもできます。「どのように学習を進めていくか」を考えるうえでも、過去数年分の過去問を解くことは重要なのです。

1-1-2.難易度を把握する

難易度を把握する

実際に過去問を解いてみると、その時点での自分の学力がどの程度か分かるでしょう。たとえば、国語が80点なのに対して算数が60点であれば、算数の学習に力を入れなければいけません。過去問を解いて実際に採点してみることで、自分の学力の不足している部分が明確になり、その後の学習スケジュールに良い影響をもたらすのです。

また、学校によっては各教科または各教科のなかの分野ごとで難易度が大きく違うケースもあります。たとえば、算数は簡単な傾向にあるのに対して、毎年国語は難しい問題が出題される傾向にあるケースなどです。過去問を解くことで各教科の難易度はもちろん、全体を通じてのバランスを体感できるでしょう。

難しい問題を解くためにはさらなる勉強に励むのはもちろん大切ですが、あらかじめ出題傾向を理解していれば、「解く順番を工夫する」などの試験対策を考える余裕が生まれます。実際の試験の難易度を把握し、対策を練るのも過去問を解く目的のひとつです。

1-1-3.試験時間や配点、問題量、解答用紙などを確認する

試験時間や配点、問題量、解答用紙などを確認する

特に国語は「記述が多いかどうか」によって、問題を解く時間配分のペースがまったく異なります。私立学校では「子どもの考える力を養う」ことを目的として、記述式を採用する傾向が強まっている点には注意しなければいけません。受験する学校によっては大部分が記述式のケースもあるので、必ず試験前には過去問で時間配分について慣れておきましょう。過去問で慣れておかないと、試験本番で時間がなくなって空白のまま答案を提出しなければいけない最悪のケースも想定されます。

また、記述が多い学校の試験問題を初めて見ると、問題ひとつあたりの空白が多くて子どもが驚いてしまうこともよくあります。過去問で解答用紙を確認しておけば、試験本番で気後れすることなく挑めるでしょう。

さらに、過去問を解くことで問題の配点バランスをあらかじめ確認できる点はメリットです。配点バランスを確認しておけば、「自分の得意な分野でどれぐらいの得点が取れるか」の目安が分かるでしょう。反対にいうと、「各設問でどれぐらい得点が取れれば合格できるか」の水準を知る目安にもなります。その水準を知ることで、必ず解いておきたい問題が分かり、勉強で力を入れるべき科目や分野が逆算で分かるのです。

1-2.②入試本番を意識し実践力を養うため

同じ学校の過去問を複数回にわたって解くことで時間配分や問題に取り組む順序、解いたほうがよい問題の取捨選択が分かり、実践力を身に付けられます。合格を目指すうえで特に重要になるのが、問題の取捨選択です。入学試験においてはどの学校も「誰もが解ける問題」から「ほとんどの受験生が解けない難問」まで出題されます。しかし、それぞれの学校によって傾向があるのも事実です。

入学試験において最も大切なのは合格することであって、満点を取ることではありません。どのような学校を受験するにしても、まずは合格ラインのクリアを目指すべきだといえます。そのため、子どもの学力や科目ごとに「ほとんどの受験生が解けない問題」をあえて捨てて「誰もが解ける問題」に注力したほうが良いケースも多いのです。

過去問を繰り返し解くことで問題の難易度が把握できるようになり、実践力が身に付きます。複数回練習を重ねて自信を付ければ、試験当日は落ち着いて受験できるでしょう。

1-3.③子どもと問題の相性を確認するため

子どもと問題の相性を確認するため

受験校を決めるためには、過去問との相性を見極めることがとても重要です。過去問の相性とは「出題の傾向と形式が子どもの得意分野と合っているかどうか」です。たとえば、記述問題が多い学校を受験するのであれば、「考えたことを適切に言葉として表す能力」が問われます。一方、記号問題や選択式といった問題が多い入試の場合は、「自分の知識のなかから正しい答えを導き出していく能力」が必要です。

どちらもバランス良くこなせればよいのですが、実際のところ偏ってしまうケースもよくあります。学校の試験問題の傾向と子どもの相性が悪いと、偏差値的には問題なくても合格するのに苦労するかもしれません。

あらかじめ過去問で受験する学校の出題傾向を把握しておけば、試験本番までに対策を施すことが可能です。結果的に子どもの実力と試験問題の距離を縮められるでしょう。まずは過去問で受験校の一般的な出題傾向に慣れることから始めて、その後に入試傾向を細かく確認するようにしましょう。

2.過去問演習に備えて親がやるべきこと

過去問演習に備えて親がやるべきこと

ここまで過去問演習の目的について説明してきました。そこで、ここからは過去問演習をスムーズに行うために保護者がやるべきことについて紹介していきます。

2-1.過去問の入手

過去問の入手

保護者が過去問を入手する方法の1つ目は赤本の購入ですが、注意しておくべきなのは「赤本は増刷されない」点です。赤本には過去数年分の問題や解答用紙などが掲載されており、受験対策において最も重要な情報が載っているといっても過言ではありません。是が非でも入手しておきたい代物ですが、実は売り切れが発生しても増刷されない特徴があります。そのため、10月ごろにまだ入手していない場合は売り切れる前に早めに購入しましょう。

2つ目は、「学校で配布している入試問題を入手する方法」です。赤本には解答用紙も掲載されていますが、やはり実際の入試で使用された解答用紙とはサイズやレイアウトなどで若干異なるケースもあります。赤本の解答用紙で慣れると試験で戸惑ってしまう可能性もあるので、必ず入手して問題を解いておきましょう。

3つ目は「過去問を後悔しているサイトでダウンロードする方法」です。大手進学塾のサイトでは、入試問題や解答用紙をPDF形式で無償公開しているケースも珍しくありません。ただし、解説がないケースが多い点はデメリットです。とりあえず、どんな雰囲気かを確かめるために利用するのであれば問題ないでしょう。

2-2.問題用紙・解答用紙の準備

赤本に掲載されている問題用紙や解答用紙は、試験本番で使われる用紙とサイズが異なるケースが多いです。そのため、できる限り同じ大きさになるようにコピーしてから過去問演習をさせるようにしましょう。問題用紙の文字の大きさについては赤本と実物の問題用紙で大きな差はありません。しかし、赤本では問題文を縮小して掲載しているケースも多く、解くスペースに余裕がないこともよくあります。

一方、解答用紙については赤本がB5サイズなのに対して、実物はB4サイズが主に使用されています。実際にコピーをするときは、赤本の解答ページに記載されている倍率を参考にしてみましょう。すると、実物の解答用紙の大きさに近づくはずです。ただし、いくら実物に近づけたとしても、あくまでもコピーなので試験本番の状況を完全に再現できるわけではありません。可能であれば実物を入手して、用紙の色や手触りなども含めて子どもに確認してもらったほうが良いでしょう。

3.中学受験で効果的な過去問演習の方法

中学受験で効果的な過去問演習の方法か

過去問を入手したら、実際に解いて実践力を身に付けていく段階に入ります。限られた時間を有効に使うためには、効率よく演習していくことが大切です。そこで、効果的な過去問演習の方法を紹介していきます。

3-1.過去問に取り組む時期は?

過去問に取り組む時期は?

結論からいうと、過去問に取り組む時期は夏休み明けの9月ごろからが最適です。なぜかというと、過去問を解く時期が早すぎると学習が十分に進んでいないため、子どもが落ち込んでしまうからです。かといって、取り組むのが遅すぎると受験対策が十分にできません。まとまった時間の取れる夏休みに基礎学力を向上させた後で、取り組むのがちょうどよい時期だといえます。

最初のうちは難易度が高く、合格者平均点に届くことは難しいでしょう。あくまでも受験する前までに届いていれば問題ないので、たとえ11月や12月ごろに合格ラインに届かなくても心配しすぎる必要はありません。ただし、基礎学力があまりにも低い状態で挑戦して悪い点数を取ると、子どものモチベーションが下がってその後の学習に支障をきたす恐れがあります。モチベーションの低下を招かないように、ある程度の学力をつけてから取り組むことが大切です。

3-2.何年分の過去問をやればいい?

過去問は繰り返し解くことで、試験対策としての効果がアップします。そのため、基本的には第一志望校ほどたくさんチャレンジしてみる姿勢が重要です。子どもの学力によって異なるため一概にはいえませんが、基本的には「第一志望校は5年分」「その他の併願校は2年分」をそれぞれ間隔を空けて2回以上できるとベストです。

たとえば、第一志望校については「1回目の演習を10~11月」に行い、「2回目の解き直しを11~12月」、「3回目の再演習を12月以降」に行うと良いでしょう。第一志望校は可能であれば、3回ほど演習するのが理想です。

4.過去問演習時に気を付けたいポイント

過去問演習時に気を付けたいポイント

過去問演習時に気を付けるべきポイントは、「本番に合わせた状況で集中できる環境を整えておくこと」です。たとえば、過去問演習をしているときに周囲の雑談やテレビの音が聞こえるような状況は良くありません。さらに、時間配分を身に付けさせるためにも、本番に合わせた時間割で行うことも大切です。

また、過去問はあくまでも試験問題の傾向を把握するための物であるという点を忘れてはいけません。なかには、同じ年度の過去問をまるで暗記するように繰り返し解く人もいますが、それよりも異なる年度の問題を解いていくほうが傾向は把握できます。

その他にも、「過去問の結果によって本人のモチベーションに影響を与える」という点を理解しておくことも重要です。成績が良ければ自信を付けて本人の意欲を引き出せる一方、悪ければモチベーションが下がるかもしれません。そのため、結果が悪かった場合でも必ず保護者がフォローしてあげる姿勢が重要です。問題を解いたら解きっぱなしにせず、必ず現状の分析を一緒に行ってあげましょう。

5.過去問演習の振り返りで中学受験対策を!

過去問演習の振り返りで中学受験対策を!

これまで述べてきたとおり、過去問演習では「どんな傾向があるか」「何を間違えたか」を把握していくことができます。しかし、把握しただけで終わったのでは意味がありません。大切なのは、把握したうえで「どう対策をしていくのか」を考えることだといえます。誤答分析をしっかり行うことで、初めて過去問演習の効果が出るということを肝に銘じておきましょう。

ただし、個人の家庭学習では過去問演習の振り返りが難しいケースがあるのも事実です。自分の点数だけは把握できても受験に対するノウハウがないため、判断に迷う部分も多いでしょう。そうした問題を解決するために、個別指導の学習塾に頼るという方法があります。たとえば「スクールIE」は、生徒一人ひとりの個性や学習状況に合わせたオーダーメイドの指導を行っているので、より効率的な受験対策が可能な塾として評判です。

執筆者:スクールIE コラム編集部

お子さまの個性に合わせた
学習方法見つけませんか?

教育のプロフェッショナルが保護者様の様々なお悩みに答えます!

体験授業で3つの無料体験!、1.無料カウンセリング、2.無料個性診断、3.無料体験授業

全国
1000
教室以上

お電話でのお申し込みはこちら!

0120-869-104

受付時間 10:00〜21:00(日祝除く)

無料体験授業

資料請求はこちら