トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ
学力診断テスト(PCS)

つまずきの原因が一目瞭然。
だから、今すべきことがわかる。

偏差値だけではわからない、本当の「学力」を理解する。

学力診断テスト(PCS)は、お子さまの学力を客観的に把握し、効果的な個別カリキュラムを作成するためのシステムです。例えば中学3年生の数学で習う「因数分解」。その概念を理解するには中学1年生・2年生で学ぶ文字式、正負の数などの理解が必要です。因数分解の問題ばかりを練習していても、お子さまの成績は変わりません。文字式の理解度がどれぐらいで、正負の数はどれぐらい習得できているか、それをまずひも解いていくことが成績アップの鍵になるのです。スクールIEでは講師のカンや思い込みではなく、学力診断テスト(PCS)を活用してお子さまの学力を“見える化”。「つまずきの原因」に沿ったカリキュラムを組むことで、理解できていないところまでさかのぼり効率的に成績アップへとつなげます。 また、学力診断テスト(PCS)を活用した学力分析は、入塾時だけでなく定期的に実施され、保護者もお子さまの成長が把握できるため安心です。

学力診断テスト(PCS)帳票イメージ※中学数学の場合
学力診断テスト(PCS)帳票イメージ

学力診断テスト(PCS)の活用事例

2ヶ月で苦手な一次関数を克服!
福田侑菜さん 中学3年生

私がスクールIEに通い始めたのは、中3の9月という遅い時期です。私は中2の2学期の数学が大の苦手で、特に一次関数や図形の証明が本当にわかっていませんでした。その苦手を克服するために、スクールIEに通うことにしました。スクールIEでは先生がいつも隣にいてくれるので、質問しやすく、問題を解くコツや大切なポイントを教えてくれます。おかげで、通って2ヵ月で一次関数や図形の理解度が急上昇しました!進路や受験に関しても本当に親身になって考えてくれるので、とても心強いです。これからもIEで受験に向けて頑張ります!

学力診断テスト(PCS)の分析結果

拡大する

学力診断テスト(PCS)の分析結果
個別カリキュラムを一部ご紹介
STEP1
つまずきの原因を
徹底復習
宿題を頑張ってくれて基礎の理解度もさらに上昇。比例反比例の復習も追加し、志望校レベルの問題を増やしていきます。
STEP2
志望校レベルの
問題にチャレンジ
つまずきの原因となった式の計算・連立方程式を主に復習。基礎の部分は宿題で補強していきます。
STEP3
一次関数の総復習で
理解度アップ
一次関数の理解に必要な単元の理解度も上がったので、一次関数を総復習。志望校レベルの問題も解けるようになりました。
「先に進むために必要なことを徹底解明」

学力診断テストの結果、福田さんは一次関数の理解度が低いことが判明。 その結果を基に、なぜ点数が取れないか、先に進むために必要なことは何かをお話し、その単元を克服するためのカリキュラムをご提案しました。 2ヵ月後、学力診断テストでチェックしたところ、理解度が20%→80%に大幅に上昇!本当によく努力しました。この調子で志望校合格に向けて、頑張ろう!

先生

学習についてのご相談はスクールIE各教室へ!無料体験授業も受付中!

学習に関するご相談や入会に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。
担当者が責任をもって対応させていただきます。

通話無料フリーコール 受付 10:00~21:00(日祝を除く)

教室検索に戻る