スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ

【高校受験】面接対策!定番の質問・合格に繋がる解答例を大公開!

【高校受験】面接対策!定番の質問・合格に繋がる解答例を大公開!

高校受験の面接について、不安を抱いている人は多いでしょう。高校受験では面接対策を正しく行うことが、志望校合格への近道となります。高校受験の面接には定番の質問があるため、事前に回答を用意しておき、受験当日に困らないよう計画的な面接対策をしておきましょう。この記事では、高校受験の面接対策について徹底的に解説していきます。

1.志望動機・自己PRの作り方

志望動機・自己PRの作り方

高校受験では面接があるケースが多く、面接では志望動機や自己PRなどについて質問されるのが一般的です。しかし、志望動機や自己PRを苦手とする生徒はとても多いのが実情です。志望校に合格したいからといって、面接で嘘をつく必要はまったくありません。また、それぞれの高校が求める人物像に、今の自分を無理やり当てはめようとするのも得策とはいえません。慣れない面接で嘘をつくなどすると、つじつまが合わなくなるなどの事態につながる恐れさえあるため注意が必要です。

高校受験の面接にまつわる悩みを抱えている場合は、これまで自分自身がしてきたことを振り返ってみて、それを掘り下げてみるところから始めてみましょう。面接の自己PRなどでは、「高校での目標を述べなければ」と焦ってしまう人がいます。しかし、高校の3年間にしたいことよりも、「将来的に何をしたいのか」について具体的に考えてみることがポイントです。将来的な目標が明確になれば、そこから逆算してどのような高校生活を送れば良いのかが分かってきます。

1-1.気を付けたいポイント

気を付けたいポイント

面接での志望動機や自己PRについて考える場合、ポイントを複数押さえておく必要があります。面接を受ける前には、志望校の教育理念を必ず調べておきましょう。そして、面接当日にはあらかじめ用意しておいた回答をそのまま述べるのではなく、自分自身の言葉として相手に伝えることができるように練習をしておくことが欠かせません。面接対策本などを見ると、模範回答が掲載されています。しかし、ありきたりな回答ではなく、自分自身の主張やオリジナルティを重視しながら答えることができれば好印象です。また、志望動機や自己PRの場合は特に、終始一貫した内容となるように気を付けましょう。自分があらかじめ用意しておいた内容がブレていないかどうかは、必ずチェックしておくことが求められます。

加えて、面接の回答に関しては、具体的なエピソードが必要です。これは面接官に自分の考えなどを伝わりやすくすることが目的であるため、抽象的な言葉や表現は極力避けるべきといえるでしょう。具体的には、志望校の教育方針や教訓などを、自分の言葉としてしっかりと語れるかどうかが大切です。ただし、志望校が求める人物像に自分自身を無理やり寄せてしまうと、自分が本当に考えていることが面接官に伝わりにくくなるというデメリットがあります。そのため、中学生活で頑張ったことや思い入れがあるエピソードなどをもとにして、志望動機や自己PRを考えるようにしましょう。

1-2.第三者にチェックしてもらおう

第三者にチェックしてもらおう

面接の回答について1人で考えていると、「本当にこの回答で良いのだろうか」などと悩んでしまうこともめずらしくありません。面接の前には、必ず第三者に用意しておいた回答を見てもらうことが大切です。第三者にチェックしてもらい指摘されると、新しい発見が得られる可能性が高いといえます。面接前には学校や塾の先生からアドバイスをもらい、それをもとにして回答をブラッシュアップしていきましょう。

2.面接は最初が肝心!第一印象をよくしよう

面接は最初が肝心!第一印象をよくしよう

高校受験の面接では、最初にどのような印象を与えるのかがとても大切です。ここからは、第一印象を良くするためのポイントについて3点見ていきましょう。

2-1.身だしなみ

身だしなみ

面接の第一印象は、見た目で決まるといっても過言ではありません。そのため、身だしなみには十分配慮しておきましょう。たとえば、髪が茶髪であったり、制服が乱れていたりするなどの問題がある場合は、その生徒の内面にも何かしらの問題があるのではないかと疑われてしまうことがあります。しかし、自身の身だしなみが適切かどうかを自己判断するのは意外と難しいものです。身だしなみについて自信がない場合は、面接官と年齢が近い大人に事前に確認してもらっておくと安心です。学校の先生などに身だしなみのチェックをしてもらう場合は、髪型や髪の色だけでなく、スカート丈や靴の汚れ、爪、ひげなどの部分まで細かく確認してもらうとともに、清潔感があるかどうかも忘れずに見てもらいましょう。

2-2.話し方

話し方

高校受験の面接では、話し方にも気を付けることが重要です。面接では、自分の考えなどを大きな声ではっきりと伝えることができれば、面接官に好印象を与えられます。加えて、面接で受け答えが上手くいかなかった場合でも、相手の目を見ながら、明るい声ではっきりと自分の意見を話すことができたのであれば、印象はそれほど悪くはなりません。また、面接では挨拶も重視される傾向にあります。入室・退室のときには、「失礼します」や「ありがとうございました」などの挨拶をするのがマナーです。挨拶をする場合、たとえばお辞儀をしながら挨拶をするなど、何らかの動作をしながら挨拶するのは失礼にあたるため注意しましょう。

2-3.姿勢

姿勢

面接では話している内容はもちろんのこと、姿勢や立ち振る舞いについてもチェックされています。そのため、面接中の姿勢には十分気を付ける必要があります。面接中は常に背筋をきちんと伸ばして話ができるよう、繰り返し練習しておくと良いでしょう。特に、お辞儀をするときに猫背になる癖がある人は要注意です。お辞儀の際、猫背になっているかどうかは自分では気付きにくいため、鏡で見たり、ほかの人に見てもらったりするなどして、事前にチェックしておきましょう。常に背筋が伸びていると、「前向き」や「明るい」、「誠実」など良い印象を与えることができるので、日ごろから良い姿勢を意識しながら生活することが大切です。

3.定番!よくある質問と回答例!

高校受験の面接では、定番の質問が複数あります。定番の質問について把握しておき、回答を用意するなどの対策をしておくと、本番で受け答えがスムーズにいく場合もあるでしょう。ここからはよくある質問を取りあげ、その質問に対する具体的な回答例も紹介していきます。

3-1.志望動機

志望動機

志望動機については、高校受験の面接では必ず聞かれる質問です。そのため、前もって回答を考えておくのが無難ですが、回答を丸暗記してそれを本番で話すのは控えたほうが良いでしょう。回答を丸暗記していると、想定外の質問をされた場合に対応するのは難しくなります。そのため、志望動機は丸暗記するのではなく、要点を絞ってそれを覚えておき、質問された内容に応じて臨機応変な答えができるように練習しておくのが理想的です。また、志望動機に関しては、「なぜその高校でなければならないのか」という具体的な理由が述べられるかどうかがポイントです。その学校の独自色や要素を踏まえ、それを志望動機に反映すると面接官に熱意が伝わりやすいので、単なる「楽しそうだから」などという感想を志望動機とするのは不適切といえます。

3-2.中学で頑張ったこと

中学で頑張ったこと

高校受験の面接は、学校側が受験生の人柄や、どのような中学生活を送っていたかという点に関心があるから行われます。そのため、面接では「中学校で頑張ったことは何か」という類の質問がよくされます。このような質問を想定して、受験生のなかには「何か特別なエピソードを用意しておかなければ」と考え、プレッシャーに感じる人もいるでしょう。しかし、「中学で頑張ったこと」の質問に対しては特別なエピソードを用意する必要はありません。たとえば、学校の勉強や部活動、個人的に行った活動などでも、回答としては十分です。

回答について考えるときには、単に「頑張った」と主張するのではなく、具体的なエピソードを盛り込むと効果的です。面接では努力の仕方や苦労したこと、その経験を通して自分が学んだことなどを面接官に伝えてみましょう。たとえば、「3年間サッカー部で頑張りました」などの回答は具体的ではないため、あまり好ましいとはいえません。「サッカー部で3年間部活動に取り組み、キャプテンとして部が団結するようまとめたり、ミーティングの管理を担当したりするなど努力しました」などと回答すれば、中学で頑張った内容が伝わりやすくなります。

3-3.高校でやりたいこと

高校でやりたいこと

「高校に入学したらどのようなことをやりたいですか」という質問も、面接ではよく聞かれます。この質問に対する回答も特別なことを用意しておく必要はなく、それよりも具体性があるエピソードかどうかが重視されます。たとえば、「中学時代の取り組みをもとにして高校で新たにチャレンジしたいこと」や「将来の夢のために努力したいこと」などを具体的に答えることがポイントです。このとき、その志望校でしかできないことがアピールできれば、面接官に熱意が伝わる可能性が高いといえます。

回答例として、たとえば「ボランティアをしてみたいです」だけでは具体性に欠けるため不十分です。「ボランティアに取り組んでコミュニケーション能力を身に付けたいです。なぜなら、今後英語を学んでいくうえで、高いコミュニケーション能力が求められると考えるからです」などと答えると、高校での取り組みと将来の目標を関連付けることができます。

3-4.長所・短所

長所・短所

長所や短所に関する質問をすると、「どのような人物か」「自己分析がきちんとできているか」などの点が見極められます。特に、長所を述べる場合は、それを裏付けるエピソードとともに回答すると良いでしょう。加えて、短所を述べる際は、否定的な言葉を選ぶ必要はなく、短所を改善するために具体的にどのような取り組みをしているのかもあわせて回答することがポイントです。たとえば、「集中力が続かないところが短所ですが、部屋の整理整頓をしたり、時間を計って勉強に取り組んだりする工夫をすることで、メリハリが付けられるようになってきました」などと回答すると、「自分の短所とも素直に向き合っている」という印象につながります。

3-5.将来の夢

将来の夢

面接で将来の夢について質問されたら、どのような夢でも正直に答えたほうが好印象です。このとき、自分の夢をただ単に語るのではなく、夢を実現するために具体的にどのような努力をしているのかを説明すると良いでしょう。たとえば、「将来の夢は学校の先生です」と述べるだけでは、面接の回答としては不十分です。高校受験の面接では、「生徒の夢をサポートできるような先生になりたいです」など、できるだけ具体的な回答を用意しておくことがポイントです。

加えて、「なぜその夢を持つようになったのか」という点も具体的に答えることができれば、面接官に対して好印象が与えられます。ただし、将来の夢がまだ決まっていない場合は突発的に嘘をつくのではなく、正直にその旨を伝えても問題はありません。将来の夢が明確でない人は、「高校に入学していろいろなことを体験しながら、将来の夢を見つけていきたいです」などと前向きな説明をしてフォローするようにしましょう。

3-6.世の中のニュース・出来事について

世の中のニュース・出来事について

高校受験の面接では、最近のニュースについて質問されることがあります。特に、社会情勢についての時事問題はよく聞かれます。これらの質問は事前知識がなければ答えられないので、日ごろから新聞やネットニュースなどを見るなどして勉強しておきましょう。世の中のニュースや出来事にまつわる質問をされた場合は、専門的な知識があるかどうかを問われているわけではありません。面接では「そのニュースについてどのように考えているか」をチェックしていることが多いので、ニュースを見るときには自分の考えも明確にしておくことが大切です。

また、世の中のニュースにまつわる質問には、「自分自身で考え、答えを導き出す力があるかどうか」を確認するという意味合いもあります。例えば近年であれば、SDGsや成人年齢の引き下げ、気候変動・自然災害などは必ず押さえておきたいニュースです。こういったニュースに対して、日ごろ自分がやっている取り組みやエピソードを入れると効果的です。ただし、質問の内容によっては、自分が知らないニュースについて聞かれることもあるでしょう。そのときには、知ったかぶりをして答える必要はありません。知らないニュースに関することを質問されたときには、正直に「分からない」と伝えたほうが場合によっては評価されることもあるのです。

4.正しい対策・準備で高校受験の面接を攻略しよう!

この記事では、高校受験の面接対策について紹介しました。一見すると難しく思えるかもしれませんが、正しい対策をしておくと自信を持って面接にのぞめるため合格につながりやすくなります。また、地域や学校によってはそれぞれ特色もあるので、ノウハウを持っている塾のサポートが受けられるとより安心です。IEなら個別指導で高校受験の面接対策も徹底して行っているので、ぜひ利用して志望校に合格しましょう。

執筆者:スクールIE コラム編集部

お子さまの個性に合わせた
学習方法見つけませんか?

教育のプロフェッショナルが保護者様の様々なお悩みに答えます!

体験授業で3つの無料体験!、1.無料カウンセリング、2.無料個性診断、3.無料体験授業

全国
1000
教室以上

お電話でのお申し込みはこちら!

0120-869-104

受付時間 10:00〜21:00(日祝除く)

無料体験授業

資料請求はこちら