トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ

やる気スイッチコンテスト2018

2018年のやる気スイッチ先生№1決まる!

2018年10月21日、東京大学 伊藤国際学術研究センターで開催された「やる気スイッチ先生コンテスト 2018」全国大会。
全国から集まった36名のファイナリストが、審査員・観衆に囲まれながら、普段の授業とは異なる雰囲気の中、指導力を競い合いました。熱戦の結果、英語部門・百合ヶ丘校 大頭彩夏先生、数学部門・戸越銀座校 藤澤泉美先生が、2018年のやる気スイッチ先生No.1の座を手にしました。

英語部門

スクールIE 百合ヶ丘校大頭 彩夏先生

数学部門

スクールIE 戸越銀座校藤澤 泉美先生

過去の受賞者

2017年 優勝 2位 3位
英語 スクールIE 刈谷校
榎島妙先生
スクールIE 上永谷校
鈴木春菜先生
スクールIE 武庫之荘北校
吉田ちなみ先生
数学 スクールIE 二俣川校
和知 悠平先生
スクールIE 東仙台校
佐々木洋輔先生
スクールIE 刈谷校
石田匠先生
コンテスト審査基準

審査基準は、スクールIEが指導の中で大切にしている「生徒のやる気を引き出し、学習意欲を高めるスキル」「成績アップへ導くための最適な指導方法」をベースに、いかにモチベーションを高めながら、学力を向上させるかといった観点で定めた全6カテゴリー14項目。
「授業を進めるための進行」ではなく、「授業は生徒のためのものである」という教育者としての基本に則した内容でもあります。

審査ポイント1
授業の進め方(教務スキル)
適切な難易度の問題を出せているか、そして、問題の解説はわかりやすいか。限られた1回の授業時間の中で、しっかりと学習したことを理解し、身につけてもらうことが講師の重要な指導力です。適切な出題と解説のスキルだけではなく、「ノートの書き方」「声をかけるタイミング」など、より理解が進み、生徒が学習に集中できる方法を取れているかも審査ポイントです。
審査ポイント2
生徒とのコミュニケーション(コーチングスキル)
授業はただ問題を出して、解説をするといった簡単なものではありません。そこには、一人ひとり異なった性格や個性を持った生徒がいるからです。講師の表情や話し方はもちろん、生徒の気持ちや思いをくみ取りながら、いかにやる気を引き出して、前向きに学習に取り組める状況を作れるかがポイントとなります。生徒が積極的に授業を受けたくなることが大切です。
コンテスト審査方法
・講師1名に生徒2名の「1対2個別指導形式」
・14の採点項目の合計点で指導スキルを評価
・「英語」「数学」の2部門それぞれでNo.1を決定

採点項目(抜粋)
✔出題の内容・発問のタイミングは適切か
✔生徒2名への演習と解説の時間配分は適切か
✔対話をしながらの授業になっているか
✔生徒の質問に的確かつ理解しやすく解説できているか

学習についてのご相談はスクールIE各教室へ!無料体験授業も受付中!

学習に関するご相談や入会に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。
担当者が責任をもって対応させていただきます。

通話無料フリーコール 受付 10:00~21:00(日祝を除く)

教室検索に戻る