トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ
閉じる
やる気スイッチ。それは、人生のスイッチ。

何かをきっかけに、突然目的意識が生まれたり、色々なことに興味がわいたり、あるいは意欲がわいて自発的に勉強するようになったり。誰にでも、こんな経験があるのではないでしょうか。
私たちは、この現象を「やる気スイッチが入る」と命名しました。
やる気スイッチは、自分を変える、人生を変えるきっかけになります。目標を達成し、夢をかなえる力になります。やる気スイッチグループは、子どもから大人まで、それぞれの目的に合わせて学べる総合教育グループ。レッスンを通じて一人ひとりの目標をかなえるため、誰もが持つその魔法のスイッチを見つけます。

やる気スイッチグループ
  • スクールIE
  • チャイルドアイズ
  • WinBe
  • KidsDuo
  • KidsDuo International
  • やる気ゆめスポ

やる気スイッチマガジン教えて!夢を叶えた先輩たちのやる気スイッチ。

『やる気スイッチマガジン』バックナンバー バックナンバー一覧へ戻る

2015年夏号 ‹vol.114›
仕事のスイッチ
やる気スイッチマガジン

夢を叶えた先輩たちのインタビュー 教えて先輩!

子どものころの志が今につながっていますか?

アイドルが大好きで、漫画雑誌は欠かさず読む、ごく普通の子どもでした。研究者というと、昆虫や化石が好きといった子どものころの趣味が高じてその道に進むこともありますが、私の場合は、生き物は好きでしたが、近所の野生化したニワトリをからかう程度。現在の研究分野は、大学の指導教官に勧められたものです。大学では地理学を専攻し、鉱物の分析で卒業論文を書きました。修士課程より珪藻化石の研究を始め、研究を続けているうちに、どんどんおもしろくなっていきました。※海や湖沼などに生息する藻

研究の内容をわかりやすく教えてください
研究の内容をわかりやすく教えてください
川や湖沼の底の小石がヌルヌルしていますね。あれは主に珪藻が集まったものです。私は湖底の地層から泥を採取し、この中に含まれる珪藻の化石を顕微鏡で見つけ、分析しています。1年に数回は野外調査に行き、何日かかけて泥集めをしてきます。顕微鏡でのぞくと、湖によって珪藻の形が異なるんです。何の必要があってこんな形になったのか、イガイガのような突起物にはどんな意味があるのか、と考えるのがおもしろいですね。  私が今興味を持っているのが、琵琶湖です。日本で一番古い湖で、40万年前から現在までの連続した地層があり、ここから採取した珪藻化石を分析することで、当時の地球環境や生物の進化がわかるのではないかと研究を進めています。
研究以外のお仕事もあるのですか?

博物館の職員として、様々な研究の根拠となる資料や標本の保存、管理をすることも仕事の1つですし、展示の企画や監修も行います。現在開催中の特別展「生命大躍進」の監修も手掛けました。中・高校生を対象にした体験講座なども企画します。普段の研究生活ではなかなか接する機会がない、彼らの素直な反応や好奇心は、私自身への刺激にもなり、楽しいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします

地球には人間以外にたくさん生物がいて、それぞれに役割があります。例えば、珪藻は光合成をして酸素を作り出しています。こういう生物の存在を知ること、普段の生活では想像できない世界があると知ることは、心の持ち方への指針になるのではないかと思うのです。つまり、今君たちのいる学校、生きている社会がすべてではないよ、と。  科学の世界に限らず、芸術でも何でも世界にはおもしろいことがいっぱいあります。自分がおもしろいと思うことを見つけて、人生を楽しんでほしいですね。

博物館研究員のお仕事拝見!

研究や資料・標本の保存、管理をします。

博物館研究員のお仕事拝見!
博物館研究員のお仕事拝見!