トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ
閉じる
やる気スイッチ。それは、人生のスイッチ。

何かをきっかけに、突然目的意識が生まれたり、色々なことに興味がわいたり、あるいは意欲がわいて自発的に勉強するようになったり。誰にでも、こんな経験があるのではないでしょうか。
私たちは、この現象を「やる気スイッチが入る」と命名しました。
やる気スイッチは、自分を変える、人生を変えるきっかけになります。目標を達成し、夢をかなえる力になります。やる気スイッチグループは、子どもから大人まで、それぞれの目的に合わせて学べる総合教育グループ。レッスンを通じて一人ひとりの目標をかなえるため、誰もが持つその魔法のスイッチを見つけます。

やる気スイッチグループ
  • スクールIE
  • チャイルドアイズ
  • WinBe
  • KidsDuo
  • KidsDuo International
  • 忍者ナイン

やる気スイッチマガジン教えて!夢を叶えた先輩たちのやる気スイッチ。

『やる気スイッチマガジン』バックナンバー バックナンバー一覧へ戻る

2014年早春号 ‹vol.105›
仕事のスイッチ
やる気スイッチマガジン

夢を叶えた先輩たちのインタビュー 教えて先輩!

シャチトレーナーになろうと 思ったきっかけは何ですか?

初めてショーを見たときに、「これだ!」と直感的に思いました。小さいころから動物が好きでしたし、小学生のころからスイミングスクールに通っていて、泳ぐことも好きでした。具体的に鴨川シーワールドのシャチトレーナーを意識したのは大学1年生のとき。自分の特技が活かせる仕事だと思い、面接では行動力や体力をアピールしました。今思うと、長野県という海のないところで育ったことから、海の動物に憧れがあったのかもしれません。

トレーナーになるためには どのような勉強が必要ですか?
シャチトレーナーになるためには どのような勉強が必要ですか?
特別な資格や免許などはありませんが、泳力は必須です。私も高校時代には平泳ぎで県で1位、北信越で5位に入賞しました。大学では生物学を専攻し、動物の飼育に関わる知識などを学びましたが、この学部・学科でなければならないということはありません。海洋関係や動物関係の専門学校などもありますので、自分に合った進路を選ぶと良いと思います。トレーナー仲間の中には、大学で海洋学や水産学などを学んだ人もいます。
トレーナーというとショーの練習が仕事のように思われがちですが、仕事の大半は飼育です。体調の変化などにも気を配り、獣医と連携してシャチの健康管理を行います。毎日のエサ作りやエサやり、水質管理などもすべて責任を持ってやります。
どんなときにやりがいを感じますか?

いつもよりレベルの高い技にチャレンジできたとき、新しいパフォーマンスが成功したときは本当に嬉しいです。シャチにも気持ちがあるので、息が合って楽しくやれるときもあれば、なぜかうまくいかないときもあります。でも、本気で向き合って取り組んでいくと、シャチが私の言うことを一生懸命考えてくれているのがわかるんです。
長い時間を一緒に過ごしているので気持ちが通じ合うようになり、今では大切なパートナーです。病気になれば泊まりこみで見守り、出産があれば夜でもみな集まります。休館日でもトレーニングをしたり、緊急事態に備えて近くに住んだりと、生き物を相手にしていることによる制約は多いかもしれませんが、その分感動もやりがいも大きなものになります。

読者にメッセージをお願いします

夢はあきらめなければ叶うものだと私は信じています。ただ、そのためには努力をし続けることが大切だと思います。私は外国人トレーナーから指導を受けるときに英語がわからなかったことがとても悔しくて、最近ウィンビー鴨川校で英会話を習い始めました。将来は海外に出てみたいなとも思っています。そんなふうに「やりたい」と思えることがあることは、とても幸せなことだと思います。みなさんも今目の前にあることに一生懸命取り組んでください。そうすれば必ずやりたいことが見つかると思います。

シャチトレーナーのお仕事拝見!

シャチの体調管理やトレーニング、パフォーマンス出演やエサ作りなどをします。

シャチトレーナーのお仕事拝見!
シャチトレーナーのお仕事拝見!