トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ
閉じる
やる気スイッチ。それは、人生のスイッチ。

何かをきっかけに、突然目的意識が生まれたり、色々なことに興味がわいたり、あるいは意欲がわいて自発的に勉強するようになったり。誰にでも、こんな経験があるのではないでしょうか。
私たちは、この現象を「やる気スイッチが入る」と命名しました。
やる気スイッチは、自分を変える、人生を変えるきっかけになります。目標を達成し、夢をかなえる力になります。やる気スイッチグループは、子どもから大人まで、それぞれの目的に合わせて学べる総合教育グループ。レッスンを通じて一人ひとりの目標をかなえるため、誰もが持つその魔法のスイッチを見つけます。

やる気スイッチグループ
  • スクールIE
  • チャイルドアイズ
  • WinBe
  • KidsDuo
  • KidsDuo International
  • 忍者ナイン

やる気スイッチマガジン教えて!夢を叶えた先輩たちのやる気スイッチ。

『やる気スイッチマガジン』バックナンバー バックナンバー一覧へ戻る

2013年冬号 ‹vol.104›
仕事のスイッチ
やる気スイッチマガジン

夢を叶えた先輩たちのインタビュー 教えて先輩!

パティシエになろうと思ったきっかけは何ですか?

物心がついたころから祖母と一緒によく蒸しパンを作ったり、クッキーを焼いたりするくらい、お菓子を作るのが大好きでした。ティラミスなども挑戦してみると、結構上手に作れたんです。食べるのも作るのも大好きで、本を何冊も買い込んで、いろいろなレシピを試して自分好みの味を見つけ出したりしていました。パティシエを職業として意識したのは、高校生のころ。卒業後、専門学校に進み一般的な調理を学ぶ傍ら、クラブ活動で製菓を学び、その後ホテルに就職しました。

パティシエになるためにはどのような勉強が必要ですか?
菓子作りに関する資格としては、製菓衛生師、菓子製造技能士などがありますが、これがないとパティシエになれないということではなく、必ず必要な資格というのは特にありません。もちろん基本的な知識や技術は必要ですが、現場で学ぶこともたくさんありますので、日々が勉強とも言えます。むしろ必要なのは、創造力や分析力かもしれません。何をどうしたらおいしいものになるだろうと考える力は、オリジナルのお菓子を作る上では不可欠です。また、この世界は先生方、先輩方の指導内容も様々だったりするので、それらを自分なりに分析して自分のものにしていく力は絶対に必要です。子どものころから複数のレシピ本を読んで分量の違いを確認したり、その中からベストな配合を見つけ出したりしてきた経験はとても生きています。高校時代に経験したファミリーレストランのアルバイトでも、食品衛生の大切さや接客の難しさを学びました。すべてが大切な勉強の場でした。
どんなときにやりがいを感じますか?

ホテルでは下積みといえる経験をして、忙しさのあまり体調を崩すことなどもありましたが、仲間に支えられて乗り越えました。2007年にメープルスイーツコンテストで金賞をいただいたことをきっかけに、アルバイト時代の友人とお店をつくることになりました。人との縁や運も、夢を叶えるきっかけになるのだと感じます。大きなホテルとは違い、すべて自分たちでやるのは難しい側面もありますが、苦にはなりません。新作を考えるときは最高に楽しいですし、「おいしい」と言っていただけたときは心から嬉しく思います。今は毎日がとても充実しています。

読者にメッセージをお願いします

どんな夢でも「好き」であることが一番大切だと思います。思い続けていれば必ず叶うものだと私は信じていますし、実際にそうやって歩んできました。もしも今、好きなことや夢が見つからないとしても、それはむしろとても良いことだと思います。なぜなら、何でもできるから。何もないのならば、何にチャレンジしてもいいんです。いつかやりたいことが見つかったときは、思い切りがんばってほしいなと思います。

パティシエのお仕事拝見!

ショーケースに並べるケーキ制作や、注文品のケーキ制作、接客~仕込みなどをします。

パティシエのお仕事拝見!
パティシエのお仕事拝見!