トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ
閉じる
やる気スイッチ。それは、人生のスイッチ。

何かをきっかけに、突然目的意識が生まれたり、色々なことに興味がわいたり、あるいは意欲がわいて自発的に勉強するようになったり。誰にでも、こんな経験があるのではないでしょうか。
私たちは、この現象を「やる気スイッチが入る」と命名しました。
やる気スイッチは、自分を変える、人生を変えるきっかけになります。目標を達成し、夢をかなえる力になります。やる気スイッチグループは、子どもから大人まで、それぞれの目的に合わせて学べる総合教育グループ。レッスンを通じて一人ひとりの目標をかなえるため、誰もが持つその魔法のスイッチを見つけます。

やる気スイッチグループ
  • スクールIE
  • チャイルドアイズ
  • WinBe
  • KidsDuo
  • KidsDuo International
  • 忍者ナイン

やる気スイッチマガジン教えて!夢を叶えた先輩たちのやる気スイッチ。

『やる気スイッチマガジン』バックナンバー バックナンバー一覧へ戻る

2012年秋号 ‹vol.97›
仕事のスイッチ
やる気スイッチマガジン

夢を叶えた先輩たちのインタビュー 教えて先輩!

白バイ隊員になるにはどうしたらいいのですか?

まずは、警察官になります。私の場合、中学生のころから白バイにあこがれていて、白バイに乗りたくて警察官になったのですが、各都道府県の警察が実施する採用試験を受け、合格後、警察学校に入って基本的な訓練を受けます。採用試験に備え、私は高校卒業後、専門学校に1年通いましたが、これは人それぞれです。
警察学校卒業後、配属された警察署で警察官としての職務に就き、白バイ隊員を希望する場合は、所属の推薦をもらって白バイ隊員養成訓練を受けます。試験に合格すれば警察署の交通課や交通機動隊に配属され、白バイ乗務が可能になります。警視庁の場合、訓練は約2ヵ月間、運転技術はもちろんのこと、精神的にも鍛えられ、かなりハードでした。

具体的な仕事の内容を教えてください
医師を目指したきっかけは何ですか?
主な仕事は、交通事故を防ぐための交通指導、取り締まりです。通常の日中はパトロールを行い、終了後は書類の作成などの事務処理を行います。雨のときや夜間は白バイではなく、パトカーで活動します。4日に一度は夜勤勤務があり、緊急時などに備えます。
白バイ隊は、正式には交通機動隊という組織で、警視庁の場合エリアを10ヵ所に分け配置されています。私が所属している第九方面交通機動隊は、八王子、町田、日野、多摩、青梅といった多摩地区のエリアを担当し、市や区をまたいでパトロールに当たります。パトロールは基本的に1人で行います。
苦労することややりがいを感じることは?

私たちの活動の目的は、違反を取り締まることそのものではなく、交通事故を減らすことですから、まずは自分が事故を起こさないように、操縦技術の向上のための訓練が欠かせません。
交通違反の取り締まりには特に注意を払っています。中には感情的になるドライバーもいますから、こちらは冷静に、交通違反がいかに危険かを説明し、納得していただくよう心掛けています。「事故を起こす前に注意してもらって良かった。」と言ってくださる方も、少数ですがいらっしゃって、そういうときはやりがいを感じます。
また、2年前の東京国際マラソンでランナーの先導を務めることができたのは嬉しかったですね。毎年各隊の選抜メンバーで操縦技術を競う白バイ競技会で、1位、2位になった隊員が先導するんですが、私は2位でした。

読者にメッセージをお願いします

私は幼稚園のときから高校まで、ずっとサッカーをやっていて、体力や精神力の面でずいぶん役に立っています。将来どんな仕事に就くにしても、体力や精神力は大切だと思います。「何かやりたい」と思ったときにスイッチが入れられるよう、今できること、やるべきことに全力で取り組んでください。

白バイ隊員のお仕事拝見!

交通指導・取り締まりのためのパトロールが中心です。マラソン大会の先導、二輪車安全運転教室などの交通安全教育の場でも活躍しています。

白バイ隊員のお仕事拝見!
白バイ隊員のお仕事拝見!