トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ
閉じる
やる気スイッチ。それは、人生のスイッチ。

何かをきっかけに、突然目的意識が生まれたり、色々なことに興味がわいたり、あるいは意欲がわいて自発的に勉強するようになったり。誰にでも、こんな経験があるのではないでしょうか。
私たちは、この現象を「やる気スイッチが入る」と命名しました。
やる気スイッチは、自分を変える、人生を変えるきっかけになります。目標を達成し、夢をかなえる力になります。やる気スイッチグループは、子どもから大人まで、それぞれの目的に合わせて学べる総合教育グループ。レッスンを通じて一人ひとりの目標をかなえるため、誰もが持つその魔法のスイッチを見つけます。

やる気スイッチグループ
  • スクールIE
  • チャイルドアイズ
  • WinBe
  • KidsDuo
  • KidsDuo International
  • 忍者ナイン

やる気スイッチマガジン教えて!夢を叶えた先輩たちのやる気スイッチ。

『やる気スイッチマガジン』バックナンバー バックナンバー一覧へ戻る

2012年夏号 ‹vol.096›
仕事のスイッチ
やる気スイッチマガジン

夢を叶えた先輩たちのインタビュー 教えて先輩!

声優にはどのようにしてなられたのですか?

中学入学と同時に児童劇団に入ったんです。たまたま妹が、以前から別の劇団に入っていて楽しそうだったので、僕も「放課後の楽しみが増えるな」くらいの気持ちでした。劇団の稽古といっても、当時はそんなに厳しくなく楽しくやっていました。運良く、すぐにテレビや舞台の仕事がチョコチョコ入ってくるようになりましたが、本当に遊びの延長という感覚だったんです。行きたい大学があったので、受験勉強のために劇団は辞めました。でも大学生になって、知り合いのディレクターさんから「洋画の吹き替えをやってみないか」と声をかけてもらい、学生の間アルバイトとして声優の仕事だけは続けたんです。そして卒業が近づき、さあどうしようかと思っていたときに、先輩の声優さんから誘ってもらって、プロダクションに入ることになりました。当時はまだ「声優」という仕事が確立されていなくて、ほとんど知られていませんでした。でも業界としても若手を育てようという気風があって、僕はとても恵まれていたと思います。もっとも、当初の収入では生活するのがやっとだったのですが、事務所に所属したことで、この仕事の収入だけで食べていくんだというプロとしての自覚ができたと思います。

やはり才能や努力も必要ですか?
気象予報士という資格が、活かされていると感じるときは?
うーん、例えば、弁護士さんやお医者さんになろうと思ったら、がんばって勉強して資格を取って仕事をしますよね。ところが声優や芸能人というのは、資格があるわけではないので、誰でもなれるけれど、すぐに仕事をして、生活できるわけじゃない。そういう難しさがあると思います。でもネ、最初から「ムリだ〜」とあきらめちゃって、自分で自分の可能性を否定しないでくださいね。
とにかく、どんな仕事に就くにしても、まずは心身ともに健康であること。そして、声優は気持ちを表現する仕事なので、「感じること」を大事にしてほしいんです。嬉しいとか楽しい、辛いとか悲しいという心にちゃんと向き合って、「別に…」という言葉でごまかさないようにしてください。
読者にメッセージをお願いします

将来の目標がまだ見つからなくても、焦らないで!人それぞれにタ イミングがあって、早く見つかる人もいれば、大学生になっても将来の目標が決まらない、社会人になってから新たな目標が見つかる人もいます。早い遅いは人それぞれ。準備期間だと思って、それまでの時間をいろいろな経験をしたり、本を読んだりして大事に過ごしてください。
声優は、声だけでいろんな人間、動物、果ては本来話すはずのないモノにまでなりきって、表現する仕事です。『やる気スイッチTV』でスイッチ役の声を担当したりね(笑)。そういう許容範囲の広い仕事に、僕はやりがいやおもしろさを感じています。みなさんも、やりがいの持てる仕事を、焦らないで探してほしいですね。

声優のお仕事拝見!

洋画や海外ドラマの吹き替え、アニメ番組への声の出演です。また、ラジオのDJやテレビのナレーションなど、ジャンルが広がっています。

声優のお仕事拝見!
声優のお仕事拝見!