トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ
閉じる
やる気スイッチ。それは、人生のスイッチ。

何かをきっかけに、突然目的意識が生まれたり、色々なことに興味がわいたり、あるいは意欲がわいて自発的に勉強するようになったり。誰にでも、こんな経験があるのではないでしょうか。
私たちは、この現象を「やる気スイッチが入る」と命名しました。
やる気スイッチは、自分を変える、人生を変えるきっかけになります。目標を達成し、夢をかなえる力になります。やる気スイッチグループは、子どもから大人まで、それぞれの目的に合わせて学べる総合教育グループ。レッスンを通じて一人ひとりの目標をかなえるため、誰もが持つその魔法のスイッチを見つけます。

やる気スイッチグループ
  • スクールIE
  • チャイルドアイズ
  • WinBe
  • KidsDuo
  • KidsDuo International
  • 忍者ナイン

やる気スイッチマガジン教えて!夢を叶えた先輩たちのやる気スイッチ。

合格の先にある"夢"を
叶えてほしい。

スクールIEでは、やる気スイッチを様々な角度から考える『やる気スイッチマガジン』を隔月で発行しています。注目は、さまざまな職業の方にインタビューするコーナー「仕事のスイッチ」。
お子さまは将来どんな仕事につきたいとお考えでしょうか。そのためには何の勉強が必要なのでしょうか。実際に夢を叶えた先輩たちの話は、将来の職業を意識するきっかけになります。合格の先にある"夢"を叶えるチカラになります。

"夢"は、やる気の原動力。
「苦手な英語を克服する」「次のテストで20点アップする」「志望校に合格する」、こうした近い将来の夢はとても大切なことですが、それ自体がゴールではありません。志望校に入学して何を学びたいのか、さらに卒業した後にどうなりたいのか、つまり将来どんな仕事をしたいのか。「自分の才能を発揮できる仕事について、自立して生きていくこと」が人間の目指すべきもっとも大切なゴールではないでしょうか。
『やる気スイッチマガジン』は、子どもたちが将来の目標を自分で決めて自ら行動する、そんなきっかけになることを願って生まれた情報誌。学習や受験に関するアドバイスはもちろん、お子さまの職業観を育むことも大切にしています。

『やる気スイッチマガジン』最新号 バックナンバー一覧

2016年春号 ‹vol.118›
仕事のスイッチ
やる気スイッチマガジン

夢を叶えた先輩たちのインタビュー 教えて先輩!

子どものころから、電車好きだったのですか?

はい。大好きな祖母の家に行くのにいつも電車を使っていて、電車に乗るのは楽しみでした。たいてい一番前に乗って、運転士さんの様子を眺めているのが好きでした。家族で箱根旅行をしたときに、ロマンスカーの運転士さんが、ホームから手を振るお子さんに笑顔で応えるのを見たんです。これがきっかけで、自分も運転士になりたいと思うようになりました。大勢の人のワクワクや夢を運ぶ、かっこいい仕事、やりがいのある仕事だなと。中学、高校は剣道部で、生徒会会長などもやりました。自分の中で、進路ははっきり決まっていたので、高校卒業後、専門学校の鉄道コースに進学し、国内旅行業務取扱管理者資格、地理検定、英語検定、接遇検定など、役立ちそうな資格を取れるだけ取りました。

運転士になるために、どんな勉強や訓練をするのですか?
通訳の仕事はどのようなものですか?
新入社員の一部は基本研修のあと、まずは各駅に配属され、鉄道業務の基本を覚えます。そのあと、乗務員希望者は、車掌見習からスタートします。さらに、運転士見習任用試験に合格すれば、運転士の国家資格(動力車操縦者運転免許)取得に向けて、研修センターでの学科講習と指導操縦者による技能講習を計8ヵ月受けます。電気回路などの学科が難しかったですね。国家資格が取得できれば、いよいよ運転士です。はじめて運転したときの緊張は、今でもはっきり覚えています。あまり物事に動じない方だと自分では思っていたのですが、「出発、進行」の声が裏返ってしまいました。特急を除く電車に3年間乗務し、特急担当者試験に合格。ロマンスカーを運転して1年が経ちました。
やりがいを感じること、大変なことを教えてください

乗務が終わり、「運転状況、車両状況異常なく終了いたしました」と点呼を取るとき、今日も無事にお客さまをお乗せできたな、と安堵感、達成感を感じます。乗車されたお客さま、お子さまが楽しそうにしていらっしゃるお姿を拝見すると、私も嬉しくなります。なりたかった大好きな仕事ですから、辛いとか大変と思ったことはないのですが、大勢のお客さまの安全を担っている責任の大きさはひしひしと感じています。運転そのものの難しさ、例えば長い車両ですからブレーキをかけるにも神経を集中させないといけません。私が入社したときには、すでに先輩の女性運転士がいましたし、同期も4名いますので、女性だからというハンディはあまり感じません。

今後の目標と読者へのメッセージをお聞かせください

運転技術の向上は、常に図っていきたいです。社内試験にパスし、この4月からはお客さまに人気の高い特急ロマンスカー・VSE※の運転もすることになりましたが、まだまだ未熟な点もありますので、着実にステップアップしていきたいですね。読者のみなさんには、夢や憧れを恥ずかしがらずに周囲の人たちに話してほしい、と思います。私自身、家族に話すのが照れくさくて、なかなか話せませんでした。はじめは驚いていた家族でしたが、私の本気がわかると応援してくれて、もっと早く打ち明ければ良かったなと思います。一生懸命がんばる姿は、周りの人の心も動かします。口にすることで、夢は現実に近づいていくように思います。

電車運転士のお仕事拝見!

運行スケジュールを常に確認しながら定時運行に努め、集中力を保ち安全に電車を運転します。

通訳のお仕事拝見!
通訳のお仕事拝見!

学習についてのご相談はスクールIE各教室へ!無料体験授業も受付中!

学習に関するご相談や入会に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。
担当者が責任をもってご対応させていただきます。

通話無料フリーコール AM10:00~PM8:00(日・祝は除く)

教室検索に戻る