トップへ戻る

スクールIEは、やる気スイッチの個別指導・学習塾です。

やる気スイッチグループ
閉じる
やる気スイッチ。それは、人生のスイッチ。

何かをきっかけに、突然目的意識が生まれたり、色々なことに興味がわいたり、あるいは意欲がわいて自発的に勉強するようになったり。誰にでも、こんな経験があるのではないでしょうか。
私たちは、この現象を「やる気スイッチが入る」と命名しました。
やる気スイッチは、自分を変える、人生を変えるきっかけになります。目標を達成し、夢をかなえる力になります。やる気スイッチグループは、子どもから大人まで、それぞれの目的に合わせて学べる総合教育グループ。レッスンを通じて一人ひとりの目標をかなえるため、誰もが持つその魔法のスイッチを見つけます。

やる気スイッチグループ
  • スクールIE
  • チャイルドアイズ
  • WinBe
  • KidsDuo
  • KidsDuo International
  • やる気ゆめスポ

学年の最初から高得点を目指す!定期テスト対策 - 定期テストの「失敗あるある」を防いで得点アップ!地域密着だからできるスクールIEの定期テスト対策。

最初の定期テストで高得点を取る経験が、さらなる成績アップにつながる。
新学年になって最初の定期テスト。実はどの教科も難度が上がる2学期に比べると、高得点を狙いやすい時期でもあります。
この時期に高得点を取り、定期テストへの苦手意識を持たないようにすることが、この後の成績アップにも大きく影響することも。
スクールIEでは、お子さまがおひとりで定期テスト対策をしていると陥りがちな「失敗あるある」を防いで、しっかりサポート。
地域密着だからできる定期テスト対策で、お子さまの「初めての定期テスト」を高得点へと導きます。
失敗あるある
テスト範囲の勉強が終わらなくて、結局前日は徹夜!でも得点にはつながらず・・・
定期テストの2週間前から、通常授業をテスト対策授業に切り替え、高得点を目指します!
テスト対策は2週間前から始めるのが肝
目標点を決めて過去の傾向から対策を
学校で指定されたワークが終わらず、徹夜でやったものの、テスト問題では解けなかった・・・!そのような経験をしたお子さまも多いのではないでしょうか?定期テスト対策は、2週間前から始めるのが大切。部活がお休みになってからでは遅いのです。
スクールIEでは1か月前から教室長と講師で準備を始め、2週間前から定期テスト対策の授業を行います。まず最初に生徒自身で今回のテストで何点を取るのかという目標を決定。過去の定期テストをもとに傾向を予測し、予想問題演習を実施するなど各学校に合わせた対策を行います。
例えば砂町校では・・・
  • 1か月以上前に生徒と担当講師・教室長がミーティングを行い、テストの目標点数を決める。
  • 2週間前から通常の授業を切り替えてテスト対策用の授業を実施。
  • 過去の定期テストから傾向と対策を練り、模擬テストやプリントを実施
スクールIE砂町校 教室長 小泉 真一
スクールIE砂町校
教室長小泉 真一
失敗あるある
計画はばっちり!でも全然スケジュール通りに進まなかった・・・
わからないところをすぐに解決できる
個別指導ならではの効率的なスケジュール
計画倒れしてしまう要因のひとつは、わからないことが出てきたときの進め方です。学校で先生や友達に聞こうと思っている間に、わからないところが増えてしまってスケジュール通りに進められないことも。個別指導なら、その場で講師に聞くことができるので、わからないところをすぐに解決し、効率的に進めていくことができます。また、学校のワークや提出物は、学力向上はもちろん、内申点対策としてもきちんと期限を守って提出することが大切。直前になって慌ててやるのではなく、課題は早めに終わらせて、予想問題演習・苦手な単元の小テストなどに時間を充てられるようスケジュールだてていきます。
例えば東村山校では・・・
  • 必要に応じてテスト対策期間中の授業数を増やし、しっかり苦手克服できる時間を確保。
  • 授業でやること、自習でやることを分けてテスト対策のスケジュールを管理
  • 学校の提出物、ワークの進捗状況を確認(内申点対策)
スクールIE東村山校 教室長 福田 慶隆
スクールIE東村山校
教室長福田 慶隆
失敗あるある
「ちょっとだけゲームしてから・・・」誘惑と現実逃避で、やる気がなくなってしまった・・・
自習用ブースを利用して学習に集中!(教室によりレイアウトは異なります)
自習ブースを活用して集中しやすい環境を
土日には教室開放テスト対策用の勉強会も
家庭での学習習慣が身についていないと、「ゲームやテレビの誘惑に負けてしまい、いつまでも勉強を始められない」と保護者様からご相談を受けることがよくあります。スクールIEでは通常時から自習用のブースをご用意しており、いつでも利用することができます。また、教室によっては定期テストの2週間前から日曜も教室を開放して自習できるようにしたり、部活のない土日を利用して暗記科目に特化した勉強会や、地域の教室合同で英単語の特訓会を開催するなど、各学校にあわせた対策を実施しています。ひとりで勉強しているとくじけがちなテスト対策も、励ましてくれる教室長・講師、一緒に学ぶ仲間がいれば頑張れるもの。勉強しやすい環境を用意して、集中して取り組めるようサポートしています。
例えば稲毛海岸校では・・・
  • テストの2週間前から自習用に日曜日も教室を開放。講師が待機し、
    わからないところは質問できる環境を用意。
  • 暗記が多い理科・社会は、授業時間外で勉強を進められるよう土日を利用して
    「理社暗記会」を実施。
スクールIE稲毛海岸校 教室長 岡山 奈津希
スクールIE稲毛海岸校
教室長岡山 奈津希

学校別定期テスト対策と、スクールIE独自のシステムで成績アップへつなげます。

スクールIEでは、お子さまの個性や性格を客観的に診断できる「性格診断テスト」や、現在の学力を細かく分析し“見える化”する「学力診断テスト」など、スクールIE独自のシステムで効率良く成績アップへ導きます。

お子さまの性格や個性から、効果的な学習方法を導き出す

やる気アップシステム(ETS)

スクールIEでは、一人ひとり違うお子さまの性格や個性を性格診断テストで客観的に分析します。その結果を基に、お子さまに合った指導方法や相性の良い講師を選出。やる気を引き出し、意欲的に学習できる方法を導き出します。

性格や個性から、最も効果的な学習方法を導き出す。

ピンポイントで苦手の原因を特定し、克服できる

成績アップシステム(PCS)

現在の学力を“見える化”し、「わかるところ」「わからないところ」を明確にできる学力診断テスト。つまづきの原因となっている苦手単元を特定し、いますべき学習内容を把握できるので、効率良く苦手を克服し、成績アップへつなげます。

定期テストは答案が返ってからが大切。
間違いをそのままにしないことが、本当の学力につながる。
定期テストの答案が戻ってくると、その結果に一喜一憂して終わりがちですが
大切なことは間違ったところをそのままにせず、きちんと復習をして解けるまで理解すること。
定期テストの目的は、良い点を取ることもそうですが、その先にある高校受験、大学受験、
ひいては社会に出ていくための本当の学力を身につけることです。
スクールIEでは、定期テストが終わったら答案用紙を回収し、間違えたところをわかるまで復習。
今回のテストの反省点を生徒と共有し、指導用のカルテ(満足度カルテ)に記入し
次回のテスト対策の時には、その振り返りから始めます。
このサイクルをしっかり繰り返すことで、お子さまにテスト対策への取り組み方が身につき
自分でスケジュールを管理できるようになり、勉強を進めていく力がついていきます。

学習についてのご相談はスクールIE各教室へ。

学習に関するご相談や入会に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。
担当者が責任をもってご対応させていただきます。

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらAM10:00~PM8:00(日・祝は除く)0120-51-1914